デジタル一眼レフカメラレンズのクリーニングに必要なツール

Traveller ガジェット

画質に影響を与える主な要因の1つは、カメラのレンズの状態です。 きれいなレンズを使用すると、鮮明で鮮明な写真を作成でき、明らかな理由から、汚れた写真よりもはるかに長持ちする傾向があります。 これが、DSLRレンズを保護し、定期的に清掃して、高品質の写真を撮るのに役立つようにすることが不可欠である理由です。

適切なレンズクリーニングキットがあれば、カメラレンズのクリーニングは簡単な作業です。 これが、DSLRレンズの優れた状態を維持するために高品質のクリーニングツールが必要な理由です。 以下は、レンズクリーニングキットに投資する必要のある4つの必需品です。

エアブロワー

汚れを吹き飛ばすことを期待してレンズを呼吸することは、レンズに非常に有害です。 残念ながら、息にはレンズコーティングに損傷を与える可能性のある酸が含まれています。 ほこりを取り除くには、手動の送風機を使用して、ほこりの斑点を簡単かつ安全に取り除きます。

特に旅行や屋外での撮影の際は、レンズがほこりっぽくなったときにいつでも使えるように、必ずカメラバッグに送風機を入れてください。

柔らかい毛のブラシ

また、クリーニング中に敏感なカメラレンズに傷がつかないように、山羊またはラクダの毛でできた柔らかい毛のブラシが必要です。 また、指が油っぽい場合は、ブラシの毛に触れないようにしてください。 そうすれば、ブラシをかけた後にレンズが汚れるのを防ぐことができます。

マイクロファイバークロス そして クリーニングワイプ

カメラレンズのクリーニングキットは、ワイプなしでは完成しません。 クリーニングワイプは、レンズに使用した直後に廃棄してください。 同じクリーニングワイプを再利用しないでください。レンズに汚れが戻るだけです。

マイクロファイバークロスについては、使用しているものがきれいであることを確認してください。 そうでなければ、それは役に立たないでしょう。 また、布を洗うときは、柔軟仕上げ剤を使用しないでください。柔軟仕上げ剤には、レンズに筋が残り、レンズのコーティングに害を及ぼす可能性のある化学物質が含まれています。

DX.comで次のガジェットを購入する

洗浄液

また、洗浄液なしではレンズを完全に洗浄することはできません。 レンズ洗浄液は、すじを残さずに汚れや指紋を取り除くのに役立ちます。 適量の洗浄液を使用してください。1〜2滴で十分です。 クリーニングクロスに必要以上に置くと、カメラの光学系が損傷する可能性もあります。

したがって、クリーニングキットに必要なすべての備品が揃っている場合は、デジタル一眼レフレンズを良好な状態に保つための簡単な手順を学ぶときが来ました。

  • 送風機と柔らかい毛のブラシを使用して汚れを取り除きます。
  • レンズのクリーニング液を使用して、クリーニングワイプまたはマイクロファイバークロスに1〜2滴追加します。
  • 外側から中心に向かって円を描くようにレンズを拭きます。 汚れ、ほこり、指紋、油、汚れをやさしく取り除きます。

DX.comで次のガジェットを購入する

DX.comで次のガジェットを購入する極端な取引 最大かつ最も多様なオンラインショッピングストアの1つがあります。 1000を超えるカテゴリの製品、210,000のアイテム、1000の毎日の追加があります。 訪問 DX.com 彼らのページでのみ提供される特別な取引やプロモーションのために。

LQWEB2